「広島県」の求人一覧

294件中 / 1~15件の求人

勤務地 広島県福山市西町3-15-17
雇用形態 パート
職種 歯科衛生士
給与 時給: 1100円~1400円

勤務地 広島県広島市中区榎町5-20
雇用形態 正社員
職種 歯科衛生士
給与 月給: 240,000円~

勤務地 広島県広島市西区田方 2丁目 14-10
雇用形態 パート
職種 歯科衛生士
給与 時給: 応相談

勤務地 広島県広島市西区田方 2丁目 14-10
雇用形態 正社員
職種 歯科衛生士
給与 月給: 24万円〜

広島県の歯科医院の数

厚生労働省の医療施設動態調査によると、2018年2月末時点での全国の歯科医院の数は68,761で、開設者別にみると、個人経営が54,073ともっとも多くなっています。広島県には1,561の歯科医院があり、広島市や福山市に多くの歯科医院があります。人口10万人あたりの歯科医院数は55施設で、過密度は全国で7位と上位の方です。

広島県の歯科衛生士の平均年収

2017年度の賃金構造基本統計調査をもとにしたデータによると、歯科衛生士の男女比は男性0.5%、女性99.5%です。平均年齢は35.1歳、勤続年数は6.0年、労働時間は166時間、超過労働時間は7時間、平均月収は25万1100円、平均賞与(ボーナス)は41万2700円、平均年収は342万5900円です。広島県で調査された180人の歯科衛生士の平均年齢は29.5歳、勤続年数は5.3年、労働時間は167時間、超過労働時間は14時間、平均月収は26.8万円、平均賞与(ボーナス)は38.4万円、平均年収は360.4万円です。広島県では中国山脈や瀬戸内海の離島に多くの過疎地域があることから、広島県歯科衛生士会は、在宅歯科医療についての研修を開催するなど地域社会の歯科衛生士の普及向上活動を行っており、歯科衛生士として多様な働き方の選択ができると言えます。

広島県の歯科衛生士の有効求人倍率

厚生労働省の発表によると、2017年4月の有効求人倍率は1.48倍で、バブル期のピークだった1990年7月(1.46倍)を上回り、1974年2月(1.53倍)以来43年2カ月ぶりの高水準を記録しました。歯科衛生士については、一般社団法人 全国歯科衛生士教育協議会の平成28年度調査によると、平成27年の歯科衛生士求人数は133,189人、求人倍率は20.5倍で特に高くなっています。また、地区別に求人倍率を比較すると、求人倍率が最も高かったのは関東/甲信越が25.2倍、最も低い九州/沖縄地区でも13.1倍です。広島県では、広島大学歯学部より毎年多くの歯科医が卒業していることから歯科医激戦区となっており、深刻な歯科衛生士不足の状態が続いています。

広島県ってどんなところ

広島県の面積は8,477㎢、人口は平成30年9月1日現在2,820,338人です。穏やかな瀬戸内海に面している広島県には、しまなみ海道や厳島神社、鞆の浦など、美しい景色が広がっています。厳島神社は日本三景の一つとして有名で、1996年には世界遺産に登録されました。夏には宮島水中花火大会が開催され、大鳥居と社殿が幻想的に浮かび上がります。しまなみ海道は、広島県尾道市から愛媛県今治市を結ぶ70㎞の橋で、サイクリングでも渡ることができ、そこからの眺めは絶景です。鞆の浦は、映画「崖の上のポニョ」の舞台として脚光を浴びました。広島県と言えば、お好み焼きや牡蠣、尾道ラーメン、たこ天、もみじ饅頭など絶品グルメもたくさんあります。近年では広島東洋カープが3連覇し、カープ女子を始め野球でも盛り上がっている広島県です。関東都市圏に比べて通勤平均時間が約30分も短いこともあり、仕事帰りには野球観戦やおいしいグルメなどをゆっくり楽しむことができるのではないでしょうか。

キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!

歯科転職お役立ち情報

お役立ち情報一覧