「高知県」の求人一覧

4件中 / 1~15件の求人

高知県の歯科医院の数

厚生労働省の医療施設動態調査によると、2018年2月末時点での全国の歯科医院の数は68,761で、開設者別にみると、個人経営が54,073ともっとも多くなっています。高知県には365の歯科医院があり、高知市には約200軒の歯科医院が集まっています。人口10万人当たりの歯科医院数は50.1施設で過密度は全国18位とやや上位の方です。

高知県の歯科衛生士の平均年収

2017年度の賃金構造基本統計調査をもとにしたデータによると、歯科衛生士の男女比は男性0.5%、女性99.5%です。平均年齢は35.1歳、勤続年数は6.0年、労働時間は166時間、超過労働時間は7時間、平均月収は25万1100円、平均賞与(ボーナス)は41万2700円、平均年収は342万5900円です。高知県では就業している歯科衛生士約1,000人に対し調査母数が30人と少なくデータが不安定でありますが、その平均年齢は24.5歳、勤続年数は2.5年、労働時間は170時間、超過労働時間は1時間、平均月収は22.2万円、平均賞与(ボーナス)は80.9万円、平均年収は347.7万円です。高知県では過疎と高齢化が進んでいる地域が多いことから在宅歯科のニーズが高まっており、経験を積んだ歯科衛生士が必要とされているため、待遇の改善を進める必要があると考えられます。

高知県の歯科衛生士の有効求人倍率

厚生労働省の発表によると、2017年4月の有効求人倍率は1.48倍で、バブル期のピークだった1990年7月(1.46倍)を上回り、1974年2月(1.53倍)以来43年2カ月ぶりの高水準を記録しました。歯科衛生士については、一般社団法人 全国歯科衛生士教育協議会の平成28年度調査によると、平成27年の歯科衛生士求人数は133,189人、求人倍率は20.5倍で特に高くなっています。また、地区別に求人倍率を比較すると、求人倍率が最も高かったのは関東/甲信越が25.2倍、最も低いのは九州/沖縄地区で13.1倍です。高知県歯科医師会では2018年度、人口の少ない郡部の歯科衛生士を増やすため、郡部で働く意思のある学生向けの奨学金を創設しました。また、高知県歯科医師会と県内で唯一の歯科衛生士を育成する高知学園短大は、中高生向けの仕事体験など、魅力を伝える活動にも力を入れています。

高知県ってどんなところ

高知県の面積は7,105㎢、人口は平成31年1月1日現在704,546人です。高知県と言えば幕末の志士・坂本龍馬の生誕地で、桂浜が有名です。桂浜には坂本龍馬像が立っており、坂本龍馬記念館もあります。また桂浜は月の名所とされており、中秋の名月は格別です。高知県では、桂浜だけでなく四万十川や足摺岬も観光の定番スポットです。高知市では毎週日曜日に、市民の生活市として日曜市が開催されています。江戸時代から300年以上の歴史を持つ街路市で、高知城の追手門からはリまや町の電車通りにかけて約1㎞にわたり約400の店が並んでいます。高知ならではの特産品や名産品がいっぱいで、市民だけではなく観光客でも賑わっています。太平洋に面した高知県ではカツオのたたきが絶品で、近年では塩たたきが流行しています。また、ご当地グルメとして、鍋焼きラーメンが人気です。

キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!

歯科転職お役立ち情報

お役立ち情報一覧