「宮崎県」の求人一覧

7件中 / 1~15件の求人

宮崎県の歯科医院の数

厚生労働省の医療施設動態調査によると、2018年2月末時点での全国の歯科医院の数は68,761で、開設者別にみると、個人経営が54,073ともっとも多くなっています。宮崎県には502の歯科医院があり、宮崎市や延岡市、都城市などに多くの歯科医院が集まっています。人口10万人あたりの歯科医院数は46.2施設で過密度は全国で36位ですが、山間部を中心に過疎と高齢化が進んでいる地域が多く歯科衛生士のニーズが高まっており、深刻な歯科衛生士不足が続いています。

宮崎県の歯科衛生士の平均年収

2017年度の賃金構造基本統計調査をもとにしたデータによると、歯科衛生士の男女比は男性0.5%、女性99.5%です。平均年齢は35.1歳、勤続年数は6.0年、労働時間は166時間、超過労働時間は7時間、平均月収は25万1100円、平均賞与(ボーナス)は41万2700円、平均年収は342万5900円です。宮崎県で調査された1,290人の平均年齢は33.0歳、勤続年数は8.8年、労働時間は176時間、超過労働時間は0時間、平均月収は20.7万円、平均賞与(ボーナス)は48.3万円、平均年収は296.8万円です。高齢化により、自宅や老人福祉施設での訪問診療など歯科衛生士の需要は高まっており、歯科衛生士不足解消のために待遇面での改善を進める必要があると考えられます。

宮崎県の歯科衛生士の有効求人倍率

厚生労働省の発表によると、2017年4月の有効求人倍率は1.48倍で、バブル期のピークだった1990年7月(1.46倍)を上回り、1974年2月(1.53倍)以来43年2カ月ぶりの高水準を記録しました。歯科衛生士については、一般社団法人 全国歯科衛生士教育協議会の平成28年度調査によると、平成27年の歯科衛生士求人数は133,189人、求人倍率は20.5倍で特に高くなっています。また、地区別に求人倍率を比較すると、求人倍率が最も高かったのは関東/甲信越が25.2倍、最も低いのは宮崎県を含む九州/沖縄地区で13.1倍です。宮崎市郡歯科医師会では、結婚や出産、育児などで現場を離れた歯科衛生士を対象に、復職への不安を解消するため、事業に協力する診療所で見学や実習を行ったり技術講習会などを開催するなど、復職支援事業を実施しています。

宮崎県ってどんなところ

宮﨑県の面積は6,685㎢、人口は平成30年11月1日現在1,079,333人です。宮崎県と言えば、食。宮崎牛にチキン南蛮、日向夏にマンゴー、地酒など、バラエティー豊かです。そのためか平成29年度の12歳児におけるむし歯の有病者率は全国で7位と上位の方です。近年では宮崎県とJA宮崎経済連によるみやざきブランド推進本部が「Karada Good Miyazaki」として健康・美容・カラダづくりに役立つ農産物を提案するプロジェクトが実施されています。また、宮崎県は日本神話発祥の地として知られており、天孫降臨神話や海幸彦・山幸彦の物語など、古くから語り継がれる神話や伝説があります。県内には神話の舞台となるゆかりの地が点在しており、パワースポットのメッカと言われています。宮崎県は「日本のひなた宮崎県」というキャッチフレーズのとおり、年間平均気温は17.7℃、日照時間も九州で一番長く、快晴日数も全国平均が年間22日に対し宮崎県は47日もあり、一年中をとおして過ごしやすい気候です。

キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!

歯科転職お役立ち情報

お役立ち情報一覧