「長崎県」の求人一覧

2件中 / 1~15件の求人

長崎県の歯科医院の数

厚生労働省の医療施設動態調査によると、2018年2月末時点での全国の歯科医院の数は68,761で、開設者別にみると、個人経営が54,073ともっとも多くなっています。長崎県には733の歯科医院があり、九州では福岡県に次いで多くなっています。長崎市や佐世保市には多くの歯科医院が集まっていますが、長崎県には離島が多く、離島では歯科医院が不足しています。人口10万人あたりの歯科医院数は54.2施設で、過密度は全国で8位と上位の方です。

長崎県の歯科衛生士の平均年収

2017年度の賃金構造基本統計調査をもとにしたデータによると、歯科衛生士の男女比は男性0.5%、女性99.5%です。平均年齢は35.1歳、勤続年数は6.0年、労働時間は166時間、超過労働時間は7時間、平均月収は25万1100円、平均賞与(ボーナス)は41万2700円、平均年収は342万5900円です。長崎県で調査された980人の歯科衛生士の平均年齢は34.7歳、勤続年数は7.5年、労働時間は171時間、超過労働時間は14時間、平均月収は23.5万円、平均賞与(ボーナス)は65.7万円、平均年収は347.5万円です離島での過疎と高齢化の進行による口腔ケアや介護のニーズが高まるなか、長崎県歯科衛生士会では地域の歯科保健医療の向上に貢献するため、各種委託事業やモデル事業に取り組んでいます。その一つとして、歯科衛生士再就職支援プロジェクトがあり、ブランクがある人や訪問診療に携わりたい人などを対象にサポートをしています。

長崎県の歯科衛生士の有効求人倍率

厚生労働省の発表によると、2017年4月の有効求人倍率は1.48倍で、バブル期のピークだった1990年7月(1.46倍)を上回り、1974年2月(1.53倍)以来43年2カ月ぶりの高水準を記録しました。歯科衛生士については、一般社団法人 全国歯科衛生士教育協議会の平成28年度調査によると、平成27年の歯科衛生士求人数は133,189人、求人倍率は20.5倍で特に高くなっています。また、地区別に求人倍率を比較すると、求人倍率が最も高かったのは関東/甲信越が25.2倍、最も低いのは長崎県を含む九州/沖縄地区で13.1倍です。

長崎県ってどんなところ

長崎県の面積は4,093㎢、人口は平成30年9月1日現在で1,340,180人です。長崎県は、鎖国時代の中でも唯一港が開かれ様々な文化交流が行われていたことから、長崎市の南山手地区のグラバー園や、新地中華街会場など異国文化漂うスポットがたくさんあります。2018年には、南山手地区にある大浦天主堂をはじめとする「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界文化遺産に登録され、その歴史と伝統が注目されています。また、長崎県は周囲を海に囲まれており、県全体の面積の45%が五島、対馬、壱岐などの島々で占められています。五島列島は大小140の島からなっており、行政や経済の中心となっている福江島は、世界遺産の主要スポットの一つとしても注目されています。五島列島には歯科医師会があり、歯ッピイフェスティバルなどを開催し、地域に密着した活動を行っています。長崎県では、異国文化漂う市内や、美しい自然に囲まれた島々など、様々な働き方が選択できるでしょう。

キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!

歯科転職お役立ち情報

お役立ち情報一覧