「大分県」の求人一覧

条件に該当する求人は見つかりませんでした。

大分県の歯科医院の数

厚生労働省の医療施設動態調査によると、2018年2月末時点での全国の歯科医院の数は68,761で、開設者別にみると、個人経営が54,073ともっとも多くなっています。大分県には537の歯科医院があり、大分市や別府市などに多くの歯科医院が集まっています。人口10万人あたりの歯科医院数は45.9施設で、過密度は全国で35位と激戦区というわけではありませんが、就業している歯科衛生士は約1400人程度と歯科衛生士不足は深刻です。

大分県の歯科衛生士の平均年収

2017年度の賃金構造基本統計調査をもとにしたデータによると、歯科衛生士の男女比は男性0.5%、女性99.5%です。平均年齢は35.1歳、勤続年数は6.0年、労働時間は166時間、超過労働時間は7時間、平均月収は25万1100円、平均賞与(ボーナス)は41万2700円、平均年収は342万5900円です。大分県で調査された590人の平均年齢は35.1歳、勤続年数は2.9年、労働時間は168時間、超過労働時間は16時間、平均月収は26.9万円、平均賞与(ボーナス)は31.6万円、平均年収は353.8万円です。

大分県の歯科衛生士の有効求人倍率

厚生労働省の発表によると、2017年4月の有効求人倍率は1.48倍で、バブル期のピークだった1990年7月(1.46倍)を上回り、1974年2月(1.53倍)以来43年2カ月ぶりの高水準を記録しました。歯科衛生士については、一般社団法人 全国歯科衛生士教育協議会の平成28年度調査によると、平成27年の歯科衛生士求人数は133,189人、求人倍率は20.5倍で特に高くなっています。また、地区別に求人倍率を比較すると、求人倍率が最も高かったのは関東/甲信越が25.2倍、最も低いのは大分県を含む九州/沖縄地区で13.1倍です。大分県では、「大分県歯と口腔の健康づくり推進条例」を制定し、その具体的な対策を実践する計画として「大分県歯科口腔保健計画 新・歯ッスル大分8020」を策定することにより、県民すべての歯科保健対策に取り組んでいます。大分県歯科衛生士会も連携し、むし歯予防や歯周病予防等について各種対策を推進しています。

大分県ってどんなところ

大分県の面積は6,339㎢、人口は平成30年9月1日現在の人口は、1,142,804人です。日本一のおんせん県と呼ばれる大分県は、温泉の源泉数と湧出量が日本一です。別府、湯布院だけではなく、大分県内には60か所以上の温泉地があり、美肌の湯や絶景の湯、珍しい湯など様々な温泉が湧いています。県内には空港もあり、東京や大阪、名古屋からのアクセスもいいことから、多くの人が温泉地に訪れます。また、大分県には関アジや関サバなどの海の幸、おおいた冠地どりやおおいた豊後牛などの畜産、カボスを始めとする野菜など、特産物もたくさんあります。とり天は、B級グルメとしても有名です。疲れた時はいつでも温泉でリフレッシュし、絶品グルメを食べることができる大分県はとても魅力的です。

キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!

歯科転職お役立ち情報

お役立ち情報一覧