「岡山県」の求人一覧

22件中 / 1~15件の求人

岡山県の歯科医院の数

厚生労働省の医療施設動態調査によると、2018年2月末時点での全国の歯科医院の数は68,761で、開設者別にみると、個人経営が54,073ともっとも多くなっています。岡山県には984の歯科医院があり、岡山市や倉敷市などに多くの歯科医院があります。人口10万人あたりの歯科医院数は51.5施設で、全国で13番目です。

岡山県の歯科衛生士の平均年収

2017年度の賃金構造基本統計調査をもとにしたデータによると、歯科衛生士の男女比は男性0.5%、女性99.5%です。平均年齢は35.1歳、勤続年数は6.0年、労働時間は166時間、超過労働時間は7時間、平均月収は25万1100円、平均賞与(ボーナス)は41万2700円、平均年収は342万5900円です。岡山県で調査された1,390人の平均年齢は34.2歳、勤続年数は4.6年、労働時間は165時間、超過労働時間は14時間、平均月収は21.8万円、平均賞与(ボーナス)は17.8万円、平均年収は278.9万円です。厚生労働省は、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもと、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)の構築を推進しており、その中には歯科保健医療の役割も示されています。岡山県歯科衛生士会は、岡山県からの委託事業として「在宅歯科医療等に従事する歯科医療従事者研修会」を開催し、地域包括ケアの時代に即した歯科衛生士の人材育成に取り組んでいます。岡山県では多様な働き方の選択ができると言えます。

岡山県の歯科衛生士の有効求人倍率

厚生労働省の発表によると、2017年4月の有効求人倍率は1.48倍で、バブル期のピークだった1990年7月(1.46倍)を上回り、1974年2月(1.53倍)以来43年2カ月ぶりの高水準を記録しました。歯科衛生士については、一般社団法人 全国歯科衛生士教育協議会の平成28年度調査によると、平成27年の歯科衛生士求人数は133,189人、求人倍率は20.5倍で特に高くなっています。また、地区別に求人倍率を比較すると、求人倍率が最も高かったのは関東/甲信越が25.2倍、最も低い九州/沖縄地区でも13.1倍です。岡山県では、近隣の広島県や兵庫県、大阪府からの求人の影響もあり、深刻な歯科衛生士不足が続いています。

岡山県ってどんなところ

岡山県の面積は7,112㎢n、人口は平成30年9月1日現在約190万人です。瀬戸内海に面している岡山県では、世界最大級の瀬戸大橋、鷲羽山や牛窓からの美しい夕景など絶景が広がっています。笠岡諸島や日生諸島など島も多く、定期船やフェリーで巡ることができます。海だけでなく、蒜山高原は西日本屈指の高原リゾートとして有名で、夏はキャンプや登山、冬はスキーなどアウトドアを楽しむことができます。また、サイクリングロードがあり、サイクリングも楽しむことができます。倉敷美観地区では、白壁の蔵屋敷、なまこ壁、格子窓の町家などの伝統的な建物、倉敷川沿いの柳並木の風景など、レトロモダンな街並みを楽しむことができます。町屋を改装したカフェも多く、年中観光客でにぎわっています。また、岡山県はくだもの王国と言われ白桃、マスカット、ピオーネなど絶品フルーツがたくさんあります。瀬戸内海の海の幸、ご当地グルメとして有名な津山ホルモンうどんなどもあり、岡山県には、見どころ、食べどころがいっぱいです。県内には空港もあり、岡山駅からは複数のバス会社から多方面にバスが出ているため、他府県からもアクセスがよく、県内でも県外でも楽しむことができます。

キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!

歯科転職お役立ち情報

お役立ち情報一覧