「沖縄県」の求人一覧

12件中 / 1~15件の求人

沖縄県の歯科医院の数

厚生労働省の医療施設動態調査によると、2018年2月末時点での全国の歯科医院の数は68,761で、開設者別にみると、個人経営が54,073ともっとも多くなっています。沖縄には618の歯科医院があり、那覇市や沖縄市、浦添氏、宜野湾市などに多くの歯科医院が集まっています。人口10万人当たりの歯科医院数は43.5施設で、過密度は全国39位です。

沖縄県の歯科衛生士の平均年収

2017年度の賃金構造基本統計調査をもとにしたデータによると、歯科衛生士の男女比は男性0.5%、女性99.5%です。平均年齢は35.1歳、勤続年数は6.0年、労働時間は166時間、超過労働時間は7時間、平均月収は25万1100円、平均賞与(ボーナス)は41万2700円、平均年収は342万5900円です。沖縄県で調査された60人の平均年齢は30.1歳、勤続年数は8.7年、労働時間は171時間、超過労働時間は52時間、平均月収は42.1万円、平均賞与(ボーナス)は52万円、平均年収は557万円と全国平均に比べて高いと言えます。

沖縄県の歯科衛生士の有効求人倍率

厚生労働省の発表によると、2017年4月の有効求人倍率は1.48倍で、バブル期のピークだった1990年7月(1.46倍)を上回り、1974年2月(1.53倍)以来43年2カ月ぶりの高水準を記録しました。歯科衛生士については、一般社団法人 全国歯科衛生士教育協議会の平成28年度調査によると、平成27年の歯科衛生士求人数は133,189人、求人倍率は20.5倍で特に高くなっています。また、地区別に求人倍率を比較すると、求人倍率が最も高かったのは関東/甲信越が25.2倍、最も低いのは九州/沖縄地区で13.1倍です。沖縄県歯科医師会は、介護を必要としている方が少しでも健康な日々を送れるよう、通院困難な患者さん宅への訪問診療を支援する事業を行っています。歯科衛生士のニーズはますます高まると言えます。

沖縄県ってどんなところ

沖縄県の面積は2,271㎢、人口は平成31年3月1日現在1,451,392人です。沖縄県は魅力的な観光スポットがいっぱいの南国リゾートとして、多くの観光客が訪れます。宮古島や石垣島などの離島もあり、どこも海がきれいで飛行機からも美しいサンゴ礁を見ることもできます。また、美ら海水族館のなど本島も見どころ満載です。グルメにおいては、ラフテーやソーキそば、ゴーヤを使った料理、ジーマーミ豆腐など数え切れないほどの沖縄料理があります。

キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!

歯科転職お役立ち情報

お役立ち情報一覧