「佐賀県」の求人一覧

4件中 / 1~15件の求人

佐賀県の歯科医院の数

厚生労働省の医療施設動態調査によると、2018年2月末時点での全国の歯科医院の数は68,761で、開設者別にみると、個人経営が54,073ともっとも多くなっています。佐賀県には415の歯科医院があり、佐賀市や鳥栖市に多くの歯科医院があります。人口10万人当たりの歯科医院数は51施設で過密度は全国で14位と上位の方です。

佐賀県の歯科衛生士の平均年収

2017年度の賃金構造基本統計調査をもとにしたデータによると、歯科衛生士の男女比は男性0.5%、女性99.5%です。平均年齢は35.1歳、勤続年数は6.0年、労働時間は166時間、超過労働時間は7時間、平均月収は25万1100円、平均賞与(ボーナス)は41万2700円、平均年収は342万5900円です。佐賀県では調査母数が70人と少なくデータが不安定でありますが、その平均年齢は39.5歳、勤続年数は18.5年、労働時間は190時間、超過労働時間は15時間、平均月収は22.7万円、平均賞与(ボーナス)は39.6万円、平均年収は312.4万円です。佐賀県歯科医師会では、寝たきり高齢者等の諸事情で来院できない患者の為に在宅訪問歯科治療に積極的に取り組んでいることから、様々な働き方の選択肢があると言えます。

佐賀県の歯科衛生士の有効求人倍率

厚生労働省の発表によると、2017年4月の有効求人倍率は1.48倍で、バブル期のピークだった1990年7月(1.46倍)を上回り、1974年2月(1.53倍)以来43年2カ月ぶりの高水準を記録しました。歯科衛生士については、一般社団法人 全国歯科衛生士教育協議会の平成28年度調査によると、平成27年の歯科衛生士求人数は133,189人、求人倍率は20.5倍で特に高くなっています。また、地区別に求人倍率を比較すると、求人倍率が最も高かったのは関東/甲信越が25.2倍、最も低いのは佐賀県を含む九州/沖縄地区で13.1倍です。とはいえ、佐賀県は隣が福岡県であることもあり、県外の歯科医院へ就職する人も多く、深刻な歯科衛生士不足が続いています。

佐賀県ってどんなところ

佐賀県の面積は2,439㎢、人口は平成30年11月1日現在819,011人です。佐賀県は豊かな自然に恵まれており、北は玄海灘に面し、南は最高干満差6メートルの干潟が広がる有明海に接した佐賀平野が広がっています。唐津湾の海浜には虹の松原が続いており、国の特別名勝で日本三大松原の一つに数えられる景勝地です。佐賀県では郊外だけでなく市内でも田園風景が広がっており、農業や水産業が盛んで美食の宝庫です。佐賀県の三大美食グルメとして、「佐賀牛」、「いかの活造り」、「竹崎かに」があげられます。また、古くからやきものが盛んで、伊万里焼や有田焼、唐津焼のブランドが有名です。県内には東京便が就航している空港もあり、博多駅から佐賀駅までは在来線で1時間もかからないためアクセスは便利です。

キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!

歯科転職お役立ち情報

お役立ち情報一覧