「島根県」の求人一覧

23件中 / 1~15件の求人

島根県の歯科医院の数

厚生労働省の医療施設動態調査によると、2018年2月末時点での全国の歯科医院の数は68,761で、開設者別にみると、個人経営が54,073ともっとも多くなっています。島根県では261の歯科医院があり、松江市や出雲市に多くの歯科医院が集まっています。人口10万人あたりの歯科医院数は39.3施設で過密度は全国で46位ですが、就業している歯科衛生士も少なく、深刻な歯科衛生士不足が続いています。

島根県の歯科衛生士の平均年収

2017年度の賃金構造基本統計調査をもとにしたデータによると、歯科衛生士の男女比は男性0.5%、女性99.5%です。平均年齢は35.1歳、勤続年数は6.0年、労働時間は166時間、超過労働時間は7時間、平均月収は25万1100円、平均賞与(ボーナス)は41万2700円、平均年収は342万5900円です。島根県では調査母数が90名と少なくデータが不安定ですが、平均年齢は47.4歳、勤続年数は8.0年、労働時間は170時間、超過労働時間は11時間、平均月収は21.8万円、平均賞与(ボーナス)は25.8万円、平均年収は286.9万円です。島根県では、松江市周辺を除き過疎地が多く高齢者も多いことから、訪問歯科が重視されています。

島根県の歯科衛生士の有効求人倍率

厚生労働省の発表によると、2017年4月の有効求人倍率は1.48倍で、バブル期のピークだった1990年7月(1.46倍)を上回り、1974年2月(1.53倍)以来43年2カ月ぶりの高水準を記録しました。歯科衛生士については、一般社団法人 全国歯科衛生士教育協議会の平成28年度調査によると、平成27年の歯科衛生士求人数は133,189人、求人倍率は20.5倍で特に高くなっています。また、地区別に求人倍率を比較すると、求人倍率が最も高かったのは関東/甲信越が25.2倍、最も低いのは九州/沖縄地区で13.1倍です。島根県歯科医師会では、人材確保対策事業の一環として、就業中の歯科衛生士や現在離職中の歯科衛生士資格取得者、高校生等を対象に、歯科衛生士の社会的役割とやりがいについて考えるセミナーを開催し、歯科衛生士のモチベーションと資質の向上、また離職者の復職促進と高校生の職業選択肢の拡大に努めています。

島根県ってどんなところ

島根県の面積は6,707㎢、人口は平成30年12月1日現在 679,170人です。島根県には約1,027㎞の美しい海岸線があり、島根半島の北方40~80キロの海上には島前・島後などから成る隠岐諸島があります。世界遺産の出雲大社は、旧暦の10月には日本中の神々がこの地に集まることで知られ、最近ではパワースポット、縁結びの聖地としても大人気です。また、出雲大社の名物グルメである出雲そばは、日本三大そばのひとつでです。島根県出身であるプロテニスプレイヤーの錦織圭さんが「ノドグロが食べたい」と発言したことにより、ノドグロは新三大名物入りしました。他にも松葉ガニやあんこうなど、島根県ではおいしい海の幸を味わうことができます。

キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!

歯科転職お役立ち情報

お役立ち情報一覧