「栃木県」の求人一覧

76件中 / 1~15件の求人

勤務地 栃木県佐野市高萩町1324-1 イオン佐野新都市ショッピングセンター2階
雇用形態 パート
職種 歯科衛生士
給与 時給: 1,500円~ (能力に応じます)

勤務地 栃木県佐野市高萩町1324-1 イオン佐野新都市ショッピングセンター2階
雇用形態 正社員
職種 歯科衛生士
給与 月給: 23万円~ ※経験者は相談の上決定

勤務地 栃木県那須塩原市西三島1-155-3
雇用形態 正社員
職種 歯科衛生士
給与 月給: 20.5万円 ~ 21.5万円

栃木県の歯科医院の数

厚生労働省の医療施設動態調査によると、2018年2月末時点での全国の歯科医院の数は68,761で、開設者別にみると、個人経営が54,073ともっとも多くなっています。栃木県には989の歯科医院があり、宇都宮市に約300軒の歯科医院が集まっています。人口10万人当たりの歯科医院数は49.5施設で過密度は全国20位とほぼ平均的ですが、北関東ではトップの過密度です。

栃木県の歯科衛生士の平均年収

2017年度の賃金構造基本統計調査をもとにしたデータによると、歯科衛生士の男女比は男性0.5%、女性99.5%です。平均年齢は35.1歳、勤続年数は6.0年、労働時間は166時間、超過労働時間は7時間、平均月収は25万1100円、平均賞与(ボーナス)は41万2700円、平均年収は342万5900円です。栃木県で調査された120人の平均年齢は45.4歳、勤続年数は13.2年、労働時間は162時間、超過労働時間は9時間、平均月収は31.5万円、平均賞与(ボーナス)は95.1万円、平均年収は473.4万円です。栃木市は「子育て世代が住みたい田舎」ランキング(田舎暮らしに関する情報を紹介する月刊誌「田舎暮らしの本」(宝島社)の2019年版)で1位に輝いたことから、歯科医院でも子育てと仕事が両立できる環境を整えることが、歯科衛生士不足の解消につながると考えられます。

栃木県の歯科衛生士の有効求人倍率

厚生労働省の発表によると、2017年4月の有効求人倍率は1.48倍で、バブル期のピークだった1990年7月(1.46倍)を上回り、1974年2月(1.53倍)以来43年2カ月ぶりの高水準を記録しました。歯科衛生士については、一般社団法人 全国歯科衛生士教育協議会の平成28年度調査によると、平成27年の歯科衛生士求人数は133,189人、求人倍率は20.5倍で特に高くなっています。また、地区別に求人倍率を比較すると、求人倍率が最も高かったのは関東/甲信越が25.2倍、最も低いのは九州/沖縄地区で13.1倍です。栃木県歯科医師会では、平成27年度より国の地域医療介護総合確保基金を活用して、県内の未就業歯科衛生士を対象に「歯科衛生士再就職支援事業」を実施しています。

栃木県ってどんなところ

栃木県の面積は6,408㎢、人口は平成31年1月1日現在1,950,705人です。栃木県と言えば日光、「日光の社寺」は平成11年に世界文化遺産に登録されました。栃木県は首都圏の食料供給基地となっており、いちご、かんぴょう、もやしなどは全国1位の生産量です。特にとちおとめで有名な「とちぎのいちご」は50年連続生産量日本一です。また、宇都宮市と言えば餃子の町、市内には200店もの餃子店があり、食べ歩きを楽しむことができます。宇都宮の餃子は、野菜中心で肉やにんにくが控えめなところが特徴です。栃木県は首都圏からのアクセスが便利で、那須高原には多くの宿泊施設や別荘地があり夏は避暑地として賑わいます。

キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!

歯科転職お役立ち情報

お役立ち情報一覧