「徳島県」の求人一覧

16件中 / 1~15件の求人

勤務地 徳島県徳島市南二軒屋町1丁目2−12
雇用形態 正社員
職種 歯科衛生士
給与 月給: 18万円~25万円

勤務地 徳島県小松島市中郷町加藤121ー1
雇用形態 正社員
職種 歯科衛生士
給与 時給: 1000円 ~

勤務地 徳島県小松島市中郷町加藤121ー1
雇用形態 正社員
職種 歯科衛生士
給与 月給: 18.75万円 ~

徳島県の歯科医院の数

厚生労働省の医療施設動態調査によると、2018年2月末時点での全国の歯科医院の数は68,761で、開設者別にみると、個人経営が54,073ともっとも多くなっています。徳島県には429の歯科医院があり、徳島市に多くの歯科医院が集まっています。人口10万人当たりの歯科医院数は55.8施設で過密度は全国5位と上位の方です。

徳島県の歯科衛生士の平均年収

2017年度の賃金構造基本統計調査をもとにしたデータによると、歯科衛生士の男女比は男性0.5%、女性99.5%です。平均年齢は35.1歳、勤続年数は6.0年、労働時間は166時間、超過労働時間は7時間、平均月収は25万1100円、平均賞与(ボーナス)は41万2700円、平均年収は342万5900円です。徳島県で調査された770人の平均年齢は39.1歳、勤続年数は9.3年、労働時間は165時間、超過労働時間は6時間、平均月収は21万円、平均賞与(ボーナス)は36.9万円、平均年収は288.4万円です。徳島県では大阪や神戸などにアクセスがよくそちらへ流れる歯科衛生士が多いことから、歯科衛生士不足解消のために待遇の改善が必要であると考えられます。

徳島県の歯科衛生士の有効求人倍率

厚生労働省の発表によると、2017年4月の有効求人倍率は1.48倍で、バブル期のピークだった1990年7月(1.46倍)を上回り、1974年2月(1.53倍)以来43年2カ月ぶりの高水準を記録しました。歯科衛生士については、一般社団法人 全国歯科衛生士教育協議会の平成28年度調査によると、平成27年の歯科衛生士求人数は133,189人、求人倍率は20.5倍で特に高くなっています。また、地区別に求人倍率を比較すると、求人倍率が最も高かったのは関東/甲信越が25.2倍、最も低いのは九州/沖縄地区で13.1倍です。徳島県では年に一回、県内5か所の歯科衛生士養成校による合同進学相談会を開催し、現役歯科衛生士による講演や、各養成校の学生による実技・会見コーナーなど、歯科衛生士の仕事の魅力を紹介しています。

徳島県ってどんなところ

徳島県の面積は4,145㎢、人口は平成31年1月1日現在742,113人です。徳島県と言えば阿波踊りが有名です。徳島市で毎年8月11日に前夜祭から始まり、12日から15日が本祭として徳島駅周辺の道路で開催されます。この時期は多くの観光客で賑わいます。鳴門の渦潮は、徳島県観光では外せない観光スポットとなっています。春と秋の大潮時には渦潮は最大となり、すさまじい轟音をたてて渦潮が交錯しながら流れていくさまは壮観です。また鳴門鯛の活造りは絶品です。地元では中華そばと呼ばれる徳島ラーメンは、有名なB級グルメの一つで、豚骨しょうゆのこってりとしたスープを味わうことができます。

キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!

歯科転職お役立ち情報

お役立ち情報一覧