「山梨県」の求人一覧

2件中 / 1~15件の求人

山梨県の歯科医院の数

厚生労働省の医療施設動態調査によると、2018年2月末時点での全国の歯科医院の数は68,761で、開設者別にみると、個人経営が54,073ともっとも多くなっています。山梨県には434の歯科医院があり、人口10万人当たりの歯科医院数は51.5施設で、過密度は全国12位です。

山梨県の歯科衛生士の平均年収

2017年度の賃金構造基本統計調査をもとにしたデータによると、歯科衛生士の男女比は男性0.5%、女性99.5%です。平均年齢は35.1歳、勤続年数は6.0年、労働時間は166時間、超過労働時間は7時間、平均月収は25万1100円、平均賞与(ボーナス)は41万2700円、平均年収は342万5900円です。山梨県の歯科衛生士の平均年収はほぼ全国平均ですが、隣接している東京都と比べると低いため、待遇の改善を進めることも必要だと考えられます。

山梨県の歯科衛生士の有効求人倍率

厚生労働省の発表によると、2017年4月の有効求人倍率は1.48倍で、バブル期のピークだった1990年7月(1.46倍)を上回り、1974年2月(1.53倍)以来43年2カ月ぶりの高水準を記録しました。歯科衛生士については、一般社団法人 全国歯科衛生士教育協議会の平成28年度調査によると、平成27年の歯科衛生士求人数は133,189人、求人倍率は20.5倍で特に高くなっています。また、地区別に求人倍率を比較すると、求人倍率が最も高かったのは関東/甲信越が25.2倍、最も低いのは九州/沖縄地区で13.1倍です。山梨県歯科衛生士会では、歯科衛生士離職防止研修会を開催し、新人歯科衛生士のための能力向上や職業としてのやりがいへの気づき、一生歯科衛生士として活躍していくためのヒント、また卒後10年以上の歯科衛生士には改めて仕事を見つめなおすきっかけを作り、歯科衛生士不足解消を図っています。

山梨県ってどんなところ

山梨県の面積は4,465㎢、人口は平成31年3月1日現在815,333人です。山梨県は面積の8割が森林で、富士山や、南アルプス、八ヶ岳などの美しい山々に囲まれています。自然が豊かな山梨県には温泉も多く、石和温泉、ほったらかし温泉、春日居温泉、山中湖温泉などが有名です。都心までは100㎞圏内で、在来線でも中央自動車道でも約90分とアクセスしやすいため、多くの人が訪れます。また、山梨県には「武田信玄公」ゆかりの地がたくさんあり、山梨県を代表する銘菓として桔梗屋の「桔梗信玄餅」が有名です。山梨県のグルメといえばほうとうが有名ですが、果樹栽培も盛んであり、ぶどう、もも、すももの生産量は日本一です。

キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!キャリアアドバイザーがあなたをフルサポート!

歯科転職お役立ち情報

お役立ち情報一覧